トップニュース

2019/12/27 05:00

ジャパンディスプレイ(JDI)は、中小型液晶パネルを生産する白山工場(石川県白山市)の売却に向けてシャープと交渉に入った。2020年春の合意を目指す。売却額は800億―900億円に...

■後悔しないICT投資を 【現実は劣後】 教育にはインフラ整備が欠かせない。中でもデジタル化社会...

続きを読む

J'S RACING HYPER ECU S2000 AP2 ハイパーECU

【京都】京セラはデジタルトランスフォーメーション(DX)を間接部門に拡大する。今後数年間にわたり年1...

続きを読む

パナソニックは画像データ向けIoT(モノのインターネット)基盤サービス「ビューレカ・プラットフォーム...

続きを読む

参加交流型サイト(SNS)を巧みに利用した誘拐事件などといった小学生や中学生、高校生といった青少年が...

続きを読む

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

紙面別ニュース

科学技術・大学

J'S RACING HYPER ECU S2000 AP2 ハイパーECU

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR




  • 全回転域でのパワーアップ&トルクアップ、高レスポンスをお約束します。


    全域に渡って、燃料MAPや点火MAPを見直してやることにより、燃調をパワー空燃比に点火時期を最適になるように設定し、エンジン本来の持っているパワー&トルクを引き出します。
    それにより、ストリート走行時の燃費向上とスポーツ走行時のパフォーマンスアップを両立しました。
    またスポーツマフラー、触媒レス、EXマニホールド、ビックスロットル、つちのこチャンバー装着車両などのライトチューニングから圧縮比アップ、ハイカムシャフト交換、排気量アップなどのハイチューニング車両にも幅広く対応します。
    ご注文の際はご希望の仕様もあわせてお申し付け下さい。

    ★標準品仕様例★(F22C 2200ccSTD 触媒有)
    REV回転数--------------8600rpm(※1)
    VTEC回転数-------------5400rpm(※2)
    アイドル回転数-------------900rpm
    低温アイドルアップ回転数----2300rpm
    燃料MAP-----------------最適化
    点火MAP-----------------最適化
    センシング値----------------最適化
    ノックセンサー-------------------対応
    イモビライザー-ー--------------対応(※3)
    スピードリミッター--------------解除
    フューエルタンクプレッシャーセンサー-------対応(※4)
    (※1)
    REV回転数は自由設定が可能
    (※2)
    推奨VTECポイント(触媒有-5400rpm / 触媒レス-5000rpm)
    VTECポイントは自由設定が可能ですが
    推奨値より大きく変える場合は現車合わせセッティングをお勧めします。
    (※3) 
    現品ECUでのチューニングを希望される方のみ、イモビライザーに対応
    ECU下取無しの先送りシステムには対応できません。
    (※4)
    USA仕様などのフューエルタンクプレッシャーセンサー解除にも対応します
    (別途20000yen(税別)必要)



    ライバルに差をつける必須アイテムです。

    (弊社保有データー)
    ★AP2(TYPE-S含) 日本国内仕様用
    ※F22C(排気量/STD 圧縮/STD カム/STD) 吸排気/改 触媒/有

    ※F22C(排気量/STD 圧縮/STD カム/STD) 吸排気/改 触媒/無

    ※F22C(排気量/STD 圧縮/11.8(USF20Cピストン カム/STD) 吸排気/改 触媒/無

    ※F22C(排気量/STD 圧縮/12.8(JDMF20ピストン カム/STD) 吸排気/改 触媒/無 燃圧4.0
    ※F22C(排気量/STD 圧縮/12.8(JDMF20ピストン カム/TODA A2) 吸排気/改 触媒/無
    ※F22C(排気量/STD 圧縮/12.8(JDMF20ピストン カム/TODA A2) 吸排気/改 触媒/有 燃圧4.1
    ※F22C(排気量/STD 圧縮/12.8(JDMF20ピストン カム/TODA B) 吸排気/改 触媒/無

    ※F22C(排気量/STD 圧縮/13.0 カム/STD) 吸排気/改 触媒/有
    ※F22C(排気量/STD 圧縮/13.0 カム/STD) 吸排気/改 触媒/無

    上記は現車合わせを行った弊社保有のECUデータです。
    標準の価格(¥84000)で販売可能です。
    発注時に「ECUオーダーシート」にて御指定下さい。

    【適合車両型式】AP2

    【注記】現品ECUにて製作のみの対応となります
    ご注文の際は、装着される車両のECUを先送り願います。

    AP2(F22C)全車に対応(TYPE-S含)
    ※日本国内仕様に限る。

    (有償仕様変更について)
    既にJ'S RACING N1-ECUをご購入のお客様は有償で仕様変更を承ります。
    吸排気、エンジン仕様(カムシャフト、圧縮比等)などの変更でECUの仕様変更をご希望の方は、専用のECUオーダーシートを使い御注文下さい。
    仕様変更料金 \50000(税別)/1回につき
    ※弊社に該当仕様のデーターがある場合に限ります。

    (現車合わせセッティングについて)
    特殊仕様等で現車合わせセッティングのご希望の方は
    別途¥80000~(要お見積もり)にて承ります。
    お気軽に御相談下さい。

    (触媒の有無によるECUデーターの違いについてのご注意)
    AP1は触媒の有無によりECUのデーターが著しく異なります。
    間違ったECUデーターをご使用の場合は、最悪の場合エンジンブローなどを引き起こす可能性があります。必ず車両に合ったデーターをお選び下さい。

    (水温の管理の必要性について)
    ハイパワーのHONDA車は、85℃超の高水温になると、高水温補正プログラムが働きます。本来、高水温補正は燃料増量による空燃費値の改善によるエンジンの保護目的なのですが、その副作用として確実にパワーダウンの原因にもなります。
    つまりパワーダウンを防ぐためには、ローテンプサーモスタット、ローテンプサーモスイッチ、大容量ラジエターへの交換などの水廻りのチューンアップを行って、理想的な水温(75℃~85℃)に設定することが必要になります。
    パワーアップ車両は、確実に冷却系のチューンアップも同時に行って下さい。







    【送料区分】1

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

企業リリース Powered by PR TIMES

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる